個人再生とは何?~周りの人には聞けない個人再生について~

個人再生とは何?~周りの人には聞けない個人再生について~

個人再生とは何?~周りの人には聞けない個人再生について~

個人再生とは任意整理の手続きを行えば借金の返済をしていくことができる場合であっても、自己破産をしたくない人のときに用いられる手続きと言えます。
個人再生の手続きは、2001年から開始された制度となっていて、自宅を持っている人向けの債務者が利用しやすい制度と言われています。
個人再生の種類には2種類あって、小規模個人再生と給与所得者再生というものがあります。
個人再生とは継続的に収入を得ている人であれば、借金の総額が5000万円未満であるという条件を満たしている人であれば利用可能なものとなっています。
継続的な収入が見込める人というのは、パートやアルバイト、フリーター、年金生活者であっても認められます。
個人再生とは、借金の返済計画において債権者の過半数の同意や、手続きを行うことに対して同意している債権者からの借金額について総額の半分が占められていることが条件となっている手続きです。
給与所得再生のほうでは、小規模個人再生をするときに必要な条件を満たしていることと、定期的な収入を得ていてその収入の変動が20%以内の人が活用できる制度です。
給与所得再生の手続きでは債権者の同意がない場合であっても、手続きを進めることが可能です。
個人再生の最も特徴的な点といえば、住宅を持ったままの状態で借金に関する整理ができるという点であると言えます。
個人再生ができる借金とは、住宅ローンを除いて借金の総額の5分の1または100万円のどちらか多い額について、3年程度の期間で返済が可能な場合には残りの借金について免除してもらえるという内容になります。